法人の方へ

企業主導型保育施設サン・キッズでは、利用者様の多様な働き方に応じて、月曜日から日曜日まで、柔軟な保育サービスを実現しております。

企業主導型保育施設とは

内閣府所管の「仕事・子育て両立支援事業」制度を活用して設立される保育施設です。従来の「事業所内保育所」を近隣の複数の提携企業とシェアし、共同利用できる保育施設として運営されています。

国の制度”企業主導型保育事業”に則った運営で、
認可保育園と同等水準のサービスをご利用いただけます。

当施設は、認可保育園と同水準の監査をクリアして運営しております。毎年、内閣府(児童育成協会) 及び岐阜市(自治体)の監査と適切な指導を受け、常に保育サービスの向上を目指しております。

 

一般的な認可保育園と企業主導型保育施設の違い

一般的な認可保育園とは、市が認可した保育園のことをいいます。入園に際しては市役所に申請して「保育の必要性」を保育認定(支給認定書)していただき、入園の決定は市役所が行います。保育料は保護者の前年度の世帯収入によって決まります。
企業主導型保育施設は、一般的な認可保育園と同じ保育士の人数配置や安全・衛生基準で運営されています。市役所への入園申請の必要はなく、入園の決定も各施設で行います。保育料も世帯収入に関係なく、各施設で決められ、認可保育園と同等の保育サービスを受けることができます。

企業主導型保育施設の利用について

共同利用の契約をした提携企業様に勤務の方と、それ以外の企業様に勤務の方が利用でき、【企業枠】と【地域枠】に分かれます。国の定めにより【企業枠】のお子さまを優先的にお預かりすることになっています。共同利用をされる提携企業の契約には、契約金や入会金、年会費などの費用は一切発生しません。

企業枠
・当施設と共同利用の提携企業契約を結んだ社会保険加入企業様(子ども子育て拠出金を支払っている)に勤務の方。社会保険未加入のパート社員の方も含みます。

地域枠
・当施設と共同利用の提携企業契約を結んでいない企業様に勤務の方。
・厚生年金保険や国民健康保険、共済組合保険(公務員など)に加入の方。

 

サン・キッズでは、企業枠をご利用できる提携企業様を募集しています。

提携企業様のメリット

自社内で保育施設を保有していない企業様についても「受け入れ枠」を優先的に確保することにより、「託児所完備」という福利厚生が実現できます。

  • 女性活躍の推進・・・女性をはじめとする従業員が、結婚、妊娠、出産、子育てというライフステージにかかわらず働き続けやすくなります。
  • 優秀な人材採用・確保・・・従業員のワークライフバランスに真摯に取り組む姿勢から、企業の魅力が向上することで、優秀な人材の採用・確保にとっても、非常に有効です。
  • 地域貢献・・・地域の子どもを受け入れれば、待機児童の解消に資するいう大きな地域貢献になります。
  • 企業イメージの向上・・・子育てに優しい企業であるとの企業イメージの向上にもつながります。

 

詳しくは、サン・キッズまで電話・メールフォームにてお問い合わせください。