法人の方へ

託児施設サン・キッズは、月曜日から日曜日まで、0歳~5歳までの未就学児のお子様をお預かりする企業主導型で社員の子育て支援する企業内託児所です。

当施設は、利用者様の多様な働き方に応じて、月曜日から日曜日まで、柔軟な保育サービスを実現しております。

企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業は、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成金です。企業が従業員の働き方に応じた柔軟は保育サービスを提供するために設置する保育施設や、地域の企業が共同で設置・利用する保育施設に対し、施設の整備費及び運営費の助成を行います。  「企業主導型保育事業ポータルサイト」参照

企業主導型保育事業の特色

本事業の特色として、次のような点が挙げられます。

  • 企業が、自社の従業員の働き方に応じて、多様で柔軟な保育サービスを提供することができます。
  • 夜間や土日、短時間や週2日(※注1)のみ働く従業員への対応なども可能です。
  • 複数の企業が共同で設置したり、共同で利用することができます。
  • 地域の子どもを受け入れることにより、施設運営の安定化を図ったり、地域貢献を行うことができます。
  • 認可外保育施設ではありますが、保育施設の整備費及び運営費について、認可施設と同程度の助成を受けることができます。

 

(※注1):当施設は週4日以上対象に月預かりをしており、それ以下の週単位の利用は一時預かりとしております。

補足:当施設は、単独型の設置でありますが、企業枠の受け入れにつきましては、企業連携の契約により一般企業・その他法人様のご利用も可能です。

企業主導型保育事業のメリット

  • 女性活躍の推進・・・女性をはじめとする従業員が、結婚、妊娠、出産、子育てというライフステージにかかわらず働き続けやすくなります。
  • 優秀な人材採用・確保・・・従業員のワークライフバランスに真摯に取り組む姿勢から、企業の魅力が向上することで、優秀な人材の採用・確保にとっても、非常に有効です。
  • 地域貢献・・・地域の子どもを受け入れれば、待機児童の解消に資するいう大きな地域貢献になります。
  • 企業イメージの向上・・・子育てに優しい企業であるとの企業イメージの向上にもつながります。

 

サン・キッズでは、企業枠をご利用できる提携企業様を募集してます。

 サン・キッズの定員には企業枠と地域枠があります。

企業枠とは?

 自社内で保育施設を保有していない企業様についても「受け入れ枠」を優先的に

確保することにより、「託児所完備」という福利厚生が実現できます。

 

※提携企業様にお勤めの方のお子さんが入所できる枠です。

※提携契約につきましては、サン・キッズにお問い合わせください。

地域枠とは?

 地域の保育認定を受けられた保護者様のお子様が入所できる枠

子ども・子育て搬出金を負担している事業主で就労している保護者のお子様

詳しくは、サン・キッズにお問い合わせください。サン・キッズ電話・メールフォームにてお問い合わせください。