薬の服用に関する注意事項

当施設では、原則として与薬を行ないません。当施設での与薬の増加により、日常もっとも大切とされる安全・安心な保育業務に支障をきたすおそれがあるためです。ただし、保育中にやむを得ず与薬の必要がある場合に限り「薬服用願」を提出していただき、保育士が与薬をさせていただきます。

・保護者の方の判断による市販の薬は、対応できません。

・解熱等の座薬、張るタイプのもの(※ホクリナンなどの咳止め)、吸入薬、点眼薬はお受取りできません。

・慢性の病気(気管支喘息、てんかん、糖尿病、アトピー性皮膚炎などのように経過が長引くような病気)の日常における与薬や処置については、主治医、属託医の指示書を受取り、ご提示ください。

・粉薬、水薬は1回(当日分)のみ、必ず容器や薬包に名前と日にちを記入してください。

・落下、紛失防止のため、「薬、服用願」をまとめてジップ付きの袋に入れて下さい。

・「服用願」が同封されていない、又正確に記入されていない場合は与薬をすることができませんのでご了承ください。

・薬は毎回、直接保育士に手渡しをして下さい。

※薬は誤飲や飲み合わせによって、身体に大きな影響を及ぼすことがあります。

当施設でも細心の注意を払って薬の管理に努めます。

保護者の方にもご協力いただきますよう、よろしくお願い致します。

PAGE TOP