先輩社員の紹介

ゆくゆくは小ぢんまりとした園で仕事をしたいと思っていました

N先生 2017年入社

以前は1学年だけで何クラスもある大規模な保育園に長いこと勤めていましたが、家族の転勤で東京に引っ越すことになりました。
その時に20人くらいの小規模な保育園を経験し、ゆくゆくはこぢんまりとした保育園で仕事するのがいいなあと思ったので、岐阜に戻ってから小さな園を探していました。

一番不安だったのは、お金を扱うことです。これまでの園では日々のお金のやりとりはほとんどなかったので、料金の清算を自分で行うことに心配がありました。ですが、アットホームな雰囲気は希望していた通りで、こちらに来て良かったと思っています。

一時預かりのシステムも初めての経験でしたが、親さんからお預かりした一瞬でお子さんを見極めて、一日親さんの代わりをするのはとてもエネルギーが要ります。

特に初めてのお子さんは不安いっぱいで登園し、泣く子もいます。おもちゃだったり、言葉かけだったり、お子さんの特性に合わせてその不安をどう和らげて行くか、言葉は悪いですが一瞬の勝負のようなものでもありますね。

将来的には、親子遊び教室なども実施したいと思っています

私は求職中にスキルアップのために幼児教育アドバイザーの資格を取っていましたが、会社にその話をしたところ、資格を活かしてぜひやってみて下さい。と意見をいただいたので、日々の保育の一環として、脳育遊びをやらせて頂いています。

身近なものを使って色んな遊びを作り、遊びを通して学びが出来るようなプログラムを考え、保育の中で実施をしています。この遊びを通してお子さんたちが成長するのを見守れるのがとても楽しみです。

一時預かりのお子さんに対しても、2時間、3時間預かる中で安全、安心が一番ですが、それプラス楽しいと思う遊びを提供してあげることは大切だと思っています。

ですから、これからも子供たちが目を輝かせるような遊びをもっと取り入れていきたいです。

3歳まではとても大切な時期です。資格取得を通じて親さんからお子さんへの言葉かけの方法や、親さんへのアドバイスの仕方を学んだので、これから子育ての悩みをお持ちのお母さんへのサポートや、身近なものを使って親子で楽しめる遊び方教室なども実施していきたいなと思っています。

我が子の姿を見ながら仕事が出来るのは大きな安心です。

O先生 2017年入社

 

保育士という仕事を選んだのは、昔から子供と接することが好きでしたし、結婚しても出産しても続けたい仕事だと思ったからです。
結婚、出産のために前職を退職し、子供がある程度大きくなったので次の職場を探していたところ、以前の職場からサンキッズを紹介してもらいました。

この職場を選んだ理由は、子供と一緒に来てもいいよ、と言ってもらえたのが第一です。
復帰にあたり、子供が小さいうちはできれば一緒にいてほしい という家族の要望がありましたが、今の職場は子供も一緒に面倒を見てもらうことが出来るので、それが家族と私自身にとっての大きな安心材料となりました。

今は、常に我が子の側にいながら仕事ができるため、常に成長を見守ることができますし、一日の様子も家族に伝えることができます。別の保育所に預けて、先生から一日の様子を聞くよりも、家族も安心と言っていますね。

入社前は、職員の子だから気を使われるのでは、違う扱いをされるのではないかとの不安はありましたが、全然気にせず他の子と同じように扱ってくれました。悪いことをすればきちんと叱ってもらえます。特別扱いをされると他の子供も距離を置いてしまうし、私も気まずくなってしまうでしょうけれど、配慮をして頂きありがたいです。

 

子供の成長を見守れる、達成感のある仕事です

小さい子は毎日成長し続けます。マイナスには進むことはなく、保育者が関わって行く中で絶対成長します。

昨日できなかったことが今日できるようになり、関わっただけ、成長を見ることが出来ます。喋らなかった子が自分の名前を呼んでくれるだけで嬉しいですし、顔を覚えてくれるだけでも嬉しい。毎日来ない子も、たまに来た時に、前遊んでくれた人だと覚えてくれているのも嬉しいです。どんなに小さなことでも、自分との関りで子供が成長するのを見るのは達成感があります。純粋な裏表のない言葉を子供にかけてもらえるのもとても嬉しいです。

実は、来月から産休に入ります。授乳をしながらの仕事は厳しいと思うので、子供が卒乳したら戻ってきたいなと思っています。
やっぱり、自分が働き慣れた環境でありますし、どういう風に子供が成長するかも分かっていて安心感がありますので。

できれば一生このお仕事は続けていきたいなと思っています。

先輩社員の紹介